「ダブル鉄筋」

2021/02/12 お墓エトセトラ

こちらの画像は、「ダブル鉄筋」仕様の基礎になります。

 

コンクリートを流しこんでしまうと分からなくなってしまいます。

 

ちなみにコンクリートに刺さっている4本の筒状のものは、

墓石完成時に「土間」と呼ばれる箇所になります。

完成後もこの部分には土が入っている状態です。

ですので、水が下に抜けていくことが出来るように、あらかじめコンクリートに穴を設けております。

通常は5寸厚で鉄筋は一層の基礎工事を行います。

5寸なので、おおよそ15cm厚になります。

この基礎工事は「ダブル鉄筋」仕様のご希望でしたので、

10寸(1尺)厚、おおよそ30cm厚の基礎となります。

 

が、少々掘り過ぎてしまったようです。

砕石を撒き、転圧をかけ、鉄筋を配置しました。

 

上下2層になっております。

これが「ダブル鉄筋」仕様になります。

鉄筋が2層となり、コンクリートの厚みも通常の倍になっています。

 

※地盤の弱いところでは、逆に5寸厚が良いかもしれません。

この上に石材が載ってきますので、あまり重量があり過ぎると沈む可能性があります。